ホーム > 四季と観光 : 霞城公園(桜)

霞城公園

霞城公園(桜)

霞城公園は、市街地の中に突然に現れる一辺500mほどの広大な緑地で、山形城址二の丸の堀と石垣などの遺構を中心とした範囲を公園としたもの。人工衛星からの画像でも、その輪郭がはっきりとわかる山形市のシンボル的な構造物。なお山形城址は三の丸まである平城だったが、三の丸の堀は埋められてほとんど面影を残していない。霞城(かすみじょう)は山形城の別名。

桜の名所として知られる。石垣に植えられた桜はライトアップされて堀の水面に映り込む。桜の季節には、公園に隣接して走る奥羽本線が、観桜のために速度を落として通行する。(Wikipedia より)